口コミで評判が高い『フッサ育毛剤』 悪評や頭皮への影響もまとめて紹介 > フケが抜け毛を引き起こす!?頭皮への影響や原因、対処法

体質や頭皮環境などにより発生しやすい「フケ」は、抜け毛のリスクを高めるといわれているのをご存じですか?
フケは、不健康なイメージや、不衛生なイメージがありますが、抜け毛にも関係しているといわれているため、心当たりがあれば、しっかりと対処する必要があります。
とはいえ、具体的にどのように対策しなければならないのかわからない…という方がほとんどでしょう。
今回は、フケの頭皮に対する影響や原因、対処法をご紹介します。

フケについて

フケとは、髪の表面に現れる細かなホコリのような異物です。乾燥したフケと湿ったフケの2種類があり、いずれもフケが発生している状況は、頭皮環境に悪いことが起きているという現れです。
多少のフケであれば、多くの方に見られるものですが、大量発生したフケは深刻な頭皮環境の悪化や病気が原因であることが考えられます。一口に「フケ」といっても、原因はさまざまです。
ちなみに、フケの正体は頭皮のターンオーバーで剥がれ落ちた「古い角質」です。一般的にはシャンプーで取り除ける程度の量しかありませんが、頭皮環境によっては大量発生します。

フケが抜け毛の原因になるのは本当?

フケが抜け毛の原因になるのは本当なのでしょうか。
結論からいいますと、フケが抜け毛の原因になるのは本当です。フケが発生していると、頭皮の毛穴に詰まってしまうことがあります。特に、大量発生している場合、シャンプーで落とし切れなかったフケが頭皮に残り続け、次第に毛穴をふさいでしまう可能性があるのです。
毛穴がフケで完全にふさがれてしまうと、頭皮の血行不良につながってしまいます。そこから、抜け毛へと陥ってしまうと考えられています。
根本的な抜け毛の原因は、フケそのものではなく、フケが大量発生してしまう「頭皮環境の悪化」にあります。

フケの対処法

抜け毛を対処するためには、フケが大量発生しないような頭皮環境を保つことが大切です。
フケは毛穴のつまりを引き起こす厄介な存在ですので、正しい対処法を知ってフケの量をコントロールしましょう。
ここからは、フケの対処法について解説します。

シャンプーは洗浄力が強すぎないものを使用する

フケを改善するためには、洗浄力の強すぎないシャンプーを使用する必要があります。
シャンプーによっては、極端に洗浄力の強い製品があります。外部からの汚れだけではなく、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥を招く可能性があるのでおすすめできません。
頭皮の乾燥は、乾性フケと呼ばれる乾燥したフケを大量発生させてしまうリスクがあります。
頭皮のベタつきが気になると、ついつい洗浄力の強いシャンプーを選んでしまいがちですが、洗浄力の強いシャンプーはかえって頭皮環境を悪化させてしまいます。
適度な洗浄力のシャンプーを選び、必要なうるおいは頭皮に残せるようにすることが大切です。

シャンプー後はドライヤーで乾かす

シャンプーした後はドライヤーで丁寧に乾かさなければ、フケが生じてしまいます。
「髪が短いから」「すぐに寝るわけではないから」と、シャンプー後、自然乾燥で髪を乾かすことはありませんか?
自然乾燥で髪を交わすと、水分が蒸発するときに周囲の水分を奪ってしまいます。頭皮や髪から水分が抜けてしまうと、それぞれが乾燥してしまい「乾性フケ」を招きます。
フケを防ぐためにも、シャンプーした後は必ずドライヤーで乾かさなければなりません。

規則正しい生活習慣を送る

フケが「湿っぽいタイプ」である場合、注意しなければならないのが「生活習慣」です。
湿っぽいフケはいわゆる「脂性フケ」と呼ばれるものです。皮脂が過剰に分泌されてしまう際に、生じるフケであり生活習慣が大きく関わっています。
例えば、食生活の乱れやストレス、寝不足など、生活習慣が乱れていると、免疫力も低下しやすくなります。
免疫力の低下は、脂性フケの大きな原因です。脂性フケを見つけたら、自分の生活習慣を今一度改めなければなりません。
ちなみに、脂性フケは生活習慣以外にも「皮脂を取りすぎる」という場合にも表れることがあります。
例えば、洗浄力の強すぎるシャンプーで頭皮を洗ったり、1日に何度もシャンプーしたりすると、必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が極度の乾燥状態に陥ってしまいます。頭皮が乾燥すると、それを改善しようと過剰に皮脂が分泌されてしまうことがあります。この、皮脂の過剰分泌が脂性フケにつながるのです。

おわりに

一口に「フケ」といっても、それぞれ特性や原因などは大きく異なります。そのため、まずは自分のフケがどちらのタイプに分類されるのかを見極め、原因を突き止めなければなりません。
現在、フケや抜け毛に悩んでいる方は、本ページを参考にしながら、できる対策を始めてみてください。

FUSSA フッサ育毛剤を買う前に