口コミで評判が高い『フッサ育毛剤』 悪評や頭皮への影響もまとめて紹介 > 女性の薄毛・抜け毛とは?症状の原因やメカニズム

「出産したら抜け毛が増えた」「加齢とともに髪の元気がなくなってきた」など、女性であっても薄毛や抜け毛に悩まされることがあります。
一般的に薄毛や抜け毛は男性に多いと考えられていることから、女性にとっては大きなコンプレックスでしょう。
なぜ、女性でありながら薄毛や抜け毛に悩まされることがあるのでしょうか。
今回は女性の薄毛や抜け毛についてご紹介します。薄毛や抜け毛の原因や、発症のメカニズムについて見ていきましょう。

女性の薄毛・抜け毛とは

女性の薄毛・抜け毛には大きく2種類があります。それが「出産後脱毛」と「加齢」です。出産後脱毛とは、文字通り出産後に脱毛が進んでしまう症状のことです。女性ホルモンの影響により、出産後に大量の抜け毛が目立つようになります。
一方、加齢による脱毛は、ヘアサイクルや髪の成長期が原因で髪の毛が抜ける現象です。
いずれも女性特有の薄毛・抜け毛の症状であり、長年悩む方も少なくありません。

出産後脱毛について

ここからは、出産後脱毛の詳細についてご紹介します。
女性ホルモンがどのように作用するのか、なぜ出産後に抜け毛が増えるのかを確認してみてください。

女性ホルモンがヘアサイクルに影響する

出産前後は、女性ホルモンの状況が大きく変化するタイミングです。妊娠中の女性は女性ホルモンのレベルが極めて高く、毛が抜けにくい時期になります。女性ホルモンには、毛髪の「退行期」「休止期」への移行を妨げる働きがあるからです。
つまり、妊娠中は本来抜けるはずの髪の毛が抜けない状況といえます。
しかし、出産後は女性ホルモンのレベルが通常の状態へと戻ります。そのため、本来妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が、出産を機に一気に脱毛してしまうのです。
出産後に抜ける髪の毛は、決して異常なものではありません。むしろ、髪の量が通常の量に戻っている状態です。
女性としては突然大量の髪の毛が抜けることから、「薄毛が進行したのでは」と心配になることがあるでしょう。しかし、ヘアサイクルがもとに戻ろうとしているサインでもありますので、心配する必要はありません。

ヘアサイクルが通常に戻るまでの期間

出産後、ヘアサイクルがもとに戻るまでの期間は個人差があります。早い方では半年程度、遅い方では1年程度です。ヘアサイクルがもとに戻るまでは、一時的に脱毛の量が増えるので、困惑してしまうことがあるかもしれません。しかし、前項でも触れたとおり、出産後の脱毛は一般的によくあることであり、むしろ体の反応としては普通のことです。
過度に心配しすぎるとストレスを抱えることになってしまい、かえって抜け毛を進行させてしまうリスクがあります。「いずれもとに戻る」と覚えておき、ヘアサイクルがもとに戻るのを気長に待ちましょう。

加齢による脱毛について

加齢による脱毛は男性に多い印象がありますが、実際は女性にも悩む方が少なくありません。
なぜ、女性は加齢によって脱毛が進行してしまうのでしょうか。ここからは、女性の「加齢による脱毛」のメカニズムなどについてご紹介します。

50代以上は毛髪の「休止期」が増える

50代以上は、ヘアサイクルにおける「休止期」の割合が増えるといわれています。休止期が増えると、その分成長期の割合が減少し、新しく育っていく髪の毛が少なくなっていってしまいます。
さらに、髪が細くなったり、ハリやコシがなくなるなど、見た目にも大きな変化が現れる時期です。
女性は、50代に突入するとヘアサイクルが変化してしまうことが多いことから、薄毛が進行してしまいます。また、成長期に突入した髪も、成長速度が遅くなるといった難点があり、さらに薄毛が加速してしまいます。

30代から髪に変化が起きることが多い

女性の場合、30代ごろから徐々に髪に変化が起きることが多いです。
例えば、髪の毛が細くなる、髪の毛が少なくなるなどの症状は30~40代の女性によく見られます。
実際に髪に触れてみて、心当たりがなくても毛根や頭皮内部などでは変化が進んでいっている状況です。「まだ大丈夫」「自分には関係なさそう」と自己判断せず、薄毛や抜け毛を食い止めるための対策を始めていかなければなりません。
生活習慣を改善したり、育毛剤の使用を検討するなど、必要に応じた対策を実践しましょう。

おわりに

今回は女性の薄毛についてご紹介しました。
女性によって、髪が抜けることは大きな問題です。場合によっては、人に会うことがイヤになったり、極端に自信を失ってしまうなど、さまざまな問題の発生が考えられます。
現在、薄毛に悩んでいる女性や、髪質の変化に困惑している女性は、本ページを参考にしながら、自分の髪や頭皮と向き合ってみましょう。

FUSSA フッサ育毛剤を買う前に