口コミで評判が高い『フッサ育毛剤』 悪評や頭皮への影響もまとめて紹介 > 湯シャンって頭皮にいいの?正しい方法や注意点

近年耳にすることが増えた「湯シャン」。髪に気を使っている方や、肌の健康に関心がある方であれば、興味のあることでしょう。
湯シャンは頭皮や髪の毛に良いと考えられていますが、一方で「正しい方法で行わないと逆効果になってしまう」というリスクがあります。
そのため、正しい知識のないまま湯シャンを実践するのは好ましくありません。
そこで、今回は湯シャンの正しい方法や注意点などを解説します。

湯シャンとは

湯シャンとは、一言でいえば「シャンプーを使わない洗髪方法」です。お湯だけで髪を洗うことを湯シャンといいます。
シャンプーの強い洗浄力は、頭皮や髪に良くないとして、一部では積極的に湯シャンを選ぶ傾向があります。実際、シャンプーの洗浄力は外部からの汚れや過剰に分泌された皮脂だけではなく、必要な皮脂まで取り除いてしまうものです。頭皮から必要な皮脂が失われると、深刻な乾燥状態に陥り、さまざまな頭皮トラブルを招きます。
かゆみや赤み、皮脂の過剰分泌など、シャンプーにありがちな問題を防ぐために、湯シャンが選ばれているのです。

湯シャンの正しい方法

湯シャンは正しい方法で行わなければ、効果を期待できないどころから、かえって頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。
健康的に湯シャンをするためにも、次から正しい方法をチェックしてください。

ブラシで軽い汚れを取り除く

湯シャンを始める際には、まず髪をブラッシングします。髪をブラッシングすることで、軽い汚れをあらかじめ取り除くことができ、スムーズに頭を洗いやすくなるからです。
髪や頭皮には思っている以上に汚れが付着しています。ホコリや砂、抜けて絡まった毛など、あらかじめ取り除き、頭を洗いやすくしておきましょう。
ちなみに、ブラッシングで使用するブラシは、動物性の「柔らかいブラシ」がおすすめです。頭皮を傷つけることなく、効率よく汚れを取り除けるので、柔らかく毛が密集したブラシを使ってください。

マッサージするようにぬるま湯で洗う

髪の毛のブラッシングが終わったら、40度程度のぬるま湯で頭皮を洗っていきます。
指の腹で頭皮をマッサージするように、頭皮全体を洗っていきましょう。このとき、爪を立てて洗うのはNGです。爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。せっかく湯シャンしていても、頭皮に湿疹が生じたり、かゆみや痛みなど、さまざまなトラブルを招く恐れがありますので注意してください。
なお、洗髪時間は10分が目安です。ただし、慣れてきたら5分前後を目安に洗髪を終えるようにしてください。洗髪時間が長くなると、頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。
なお、髪が長くて湯シャンが大変なときには、ブラシを併用しながら湯シャンを行うこともおすすめです。

タオルで髪の水分をふき取る

丁寧に湯シャンをしたら、タオルで髪をおさえるようにして、髪の水分を優しくふき取っていきます。
髪の水分をふき取る際、ごしごしとタオルをこすり合わせるようにふき取ったり、パンパンと強くたたくようにしてふき取ったりするのはやめましょう。髪に負担がかかってしまいます。
あくまでも、タオルで髪をおさえるようなイメージで髪の水分をふき取ることが大切です。
ある程度、タオルで髪の水分をふき取れたら、自然乾燥ではなくしっかりとドライヤーで乾かしましょう。
自然乾燥は頭皮に負担をかけるだけでなく、雑菌の繁殖にもつながります。ドライヤーの温風で髪の根本をしっかりと乾かしてください。

湯シャンの注意点

湯シャンは決して難しいものではありませんが、注意点もあります。
頭皮の健康を守るためにも、湯シャンを実践する前に注意点をチェックしておきましょう。

はじめのうちは洗いあがりに違和感を覚えやすい

湯シャンを始めてまもないうちは、洗いあがりに違和感を覚えやすいです。特に、「さっぱりと洗えている感じがしない」という違和感を覚える方は少なくありません。
はじめのうちは、皮脂が多く分泌されているため、お湯だけでは皮脂を除去しきれないのが現状です。そのため、場合によっては皮脂汚れやにおいが目立つ場合があります。

シャンプーの頻度を減らしていく方法がおすすめ

湯シャンがはじめてであれば、突然湯シャンに切り替えるのではなく、徐々にシャンプーの頻度を減らしていく方法がおすすめです。
不快感を覚えることなく湯シャンをしていくためには、シャンプーから少しずつ離れていき、慣れてきてから完全に湯シャンに切り替えたほうが良いでしょう。

おわりに

今回は湯シャンについてご紹介しました。頭皮や髪に優しいという魅力的なポイントがある一方で、はじめは違和感や不快感を覚えやすいという注意点があります。
慣れるまではシャンプーを使用するなど、工夫しながら、徐々に湯シャンに切り替えていってはいかがでしょうか。

FUSSA フッサ育毛剤を買う前に