口コミで評判が高い『フッサ育毛剤』 悪評や頭皮への影響もまとめて紹介 > 髪に必要な栄養素って?摂取した栄養が髪に良い影響をもたらす!

年を重ねるにつれて、薄毛が進行して悩んでいる方は少なくありません。その多くが、シャンプーを見直したり、医療機関への受診を検討しますが、まずは「食生活」を見直してみませんか?
髪は、口にした食べ物から得られる栄養素によって、強く太く成長します。そのうえ、新しい髪の毛が生えるか否かも、栄養が大きく関係しているといっても過言ではありません。
今回は、髪に必要な栄養素を詳しくご紹介します。

髪に必要な栄養素

さっそく、髪に必要な栄養素をご紹介します。具体的に、どんな栄養素が必要となるのか、次を見ていきましょう。

たんぱく質

髪に必要な栄養素として、まず挙げられるのが「たんぱく質」です。一般的にもたんぱく質が髪にいいということは知られています。
たんぱく質は、複数のアミノ酸が結合されてできた栄養素であり、体内では合成されない成分もあることから、良質なたんぱく質を含む食品から摂取しなければ、体内に取り込むことができません。
肉や魚、卵といった定番食品のほか、納豆や豆腐といった大豆製品や玄米、イモ類からもたんぱく質を摂取できます。

ビタミン

ビタミンA、B、C、D、E、Fといった各ビタミンは、健康だけではなく、髪にもいい影響をもたらします。
前項で触れた「たんぱく質」が一度、アミノ酸という成分に分解されます。その後、再度合成しますが、このときビタミンが必要となるのです。
特に、ビタミンEは現代人に不足しやすい栄養素であり、なおかつ体内に存在しない栄養素です。
野菜を摂る際には、ビタミンEを多く含む緑黄色野菜を中心に、摂取することが大切です。

ミネラル

ミネラルは、健康の維持及び髪の健康には欠かせない栄養素です。主に、海藻などに多く含まれている栄養素であり、摂取すること自体は決して難しくありません。また、麦茶などに含まれていることも多く、食事だけではなく水分補給の段階でも摂取しやすい栄養素です。
ただし、ミネラルはせっかく摂取しても、汗や排せつですぐに体外へ排出されてしまいます。そのため、こまめにミネラル補給することを心がけなければなりません。

たんぱく質を摂取する際の注意点

前項では「たんぱく質が髪にいい」として触れました。しかし、1点注意すべきポイントがあります。それが、「たんぱく質の摂りすぎ」です。
肉や卵、魚などの動物性たんぱく質は、食べ過ぎると内蔵に負担をかけてしまう恐れがあります。
内蔵に負担がかかってしまうと、結果的に血行不良などに陥り、薄毛を進行させてしまうかもしれません。
過剰なたんぱく質の摂取は避け、ほかの栄養素もバランスよく取り入れるようにしましょう。

髪のための「食生活のポイント」とは

髪の健康を保つためには、正しい食生活について知っておく必要があります。
ここからは、髪のための食生活のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

緑黄色野菜をしっかりと摂る

緑黄色野菜は、髪に必要な栄養素を豊富に含む食材です。例えば、ほうれん草やにんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜は、ビタミンを多く含みます。
毎日忙しく過ごしていると、ついつい緑黄色野菜を後回しにしてしまうことが多いものです。しかし、薄毛予防・対策のためには、緑黄色野菜が欠かせません。
ちなみに、緑黄色野菜を摂取する際には「炒める」「ゆでる」など、加熱することをおすすめします。生の状態よりも加熱したほうが野菜のかさが減り、多く摂取しやすくなるからです。
ただし、味付けの際には「塩分」に十分注意してください。塩分の摂りすぎは、不健康のもとであり、薄毛の原因でもあります。

ミネラルは「根菜類」から摂取

不足しがちなミネラルは、根菜類から摂取することがポイントです。
根菜類とは、れんこんやゴボウ、イモ類などが挙げられます。根菜類にはミネラルが豊富に含まれているだけでなく、食物繊維も豊富に含まれていますので胃腸環境の改善にもつながります。
便秘ぎみであったり、食べ過ぎてしまう方などにも食物繊維を多く含む根菜類はおすすめです。
根菜類は、煮物や炒め物、てんぷらなどさまざまなレパートリーがありますので、好みに合わせて取り入れてみてください。

おわりに

今回は、髪にいいとされる栄養素をご紹介しました。栄養バランスのいい食事は、体の健康だけではなく、髪の健康も促進します。ハリやコシのある、若々しい髪質へと導くためには、健康的な食生活を取り入れる必要があります。
現在、薄毛に悩んでいる方や、将来の薄毛に不安を抱いている方は、さっそく今日から食生活を見直してみてください。

FUSSA フッサ育毛剤を買う前に